「ごみ問題について議論しよう!」

1月25日、山越ベースで実施をした今回の「わたしのこと科」は、今回も大学生に授業を担当してもらい、「ごみ問題」を通してよのなかについて考える授業を実施しました!

年間のプラスチックの廃棄量などの多さに驚く場面もあったり、普段身近に感じるため、なかなか大きな課題だと捉えづらいものにこそ、課題が多くあることにも気づかされました。


【評価について(4段階評価)】
17名の方にご評価いただきました。
満足度:本日のプログラムは満足いただけましたか?(2.6 / 3)
内容度:内容はわかりやすく、興味の持てるものでしたか?(2.5 / 3)
深化度:本日のプログラムは、参加者や自分の考えを深めることができる内容でしたか?(2.6 / 3)
発展度:これからのよのなか(社会)を考える上で、役に立つ内容であったと思いますか?(2.6 / 3)

  • 日本全体で考えるべき問題をSDGSと絡めて考えることができたから
  • SDGsと絡めて考えられて良かった。
  • SDGsを達成しながらゴミも減らすということは難しいとわかったから。お店に行く時はエコバッグを持っていこうと思った。
  • ゴミ問題はこれからの社会にとって大切になっていくと思うから
  • 環境問題について、知らなかったことを知れたから。
  • 環境保全をするために、プラスチックをただなくすだけでは、その他の問題もは解決仕切れないということがわかった
  • いろんな考えが浮かんできてよく考えることができた。
  • ゴミを減らすために自分たちで政策を考えたけれど、それがSDG’s全てが達成できるわけではないことを教わった。目標達成の難しさを改めて知った。
  • 身近な課題から、社会全体の課題まで考えられたから
  • 相互評価することで深く考えられたから。
  • SDGsと結びつけて考えられたのが良かった。
  • 話し合いでいろいろなアイデアがでて面白かったから。
  • SDGsに対してより深く考える事ができ、今後の対策を自分たちが自分自身で考える事ができたから
  • これから生活していく中でも大切なごみの分別などの環境問題について考えて日常生活でも生かせることもあったように思う
  • 話し合ったりして楽しかったし私の意見が採用されてうれしかったから!
  • 1つのことを考えて他のことの状態が今より悪くなったらダメだから、そこを考えるのが難しいと思った。

その他

  • パワポがとても見やすかったです!!説明がとても分かりやすくてよく分かりました。
  • SDGsすべてを解決するためには、さまざまな視点で、批判的な意見を持ちながら、解決に向かって政策を考えることが必要だということがわかった
  • ジャンボジェットはB747 だけを指すので、双発ワイドボディー機でもジャンボとは言わないです…
  • 色々な評価が聞けてよかった。お互いの利益を考えて配慮してできた。
  • 1つの問題にとらわれすぎると全体で見たときに結果的に悪化してしまうことがわかったので、視野を広くして考えることが大事だと思った。
  • これからも続けてほしい