愛光学園で「わたしのこと科SP講座」を実施しました!

2月15日、愛光高等学校1年生を対象に、「わたしのこと科SP講座」を実施しました!

この講座は、大学生が「主権者教育×SDGs」をテーマとした授業を作り、生徒が自由に授業を選んで受講できるというものです。こどもNPOシビックスクールで研究を行う大学生スタッフが授業を作成し、授業に臨みました。

今回は、5つの授業を用意し、1コマ80分の授業を提供しました!

また、各授業にゲストをお招きし、現在のリアルなよのなかの動向を踏まえたうえでの授業を行いました。

<ゲスト一覧>
A:これからのエネルギーを考えよう!・・・愛媛トヨタ
B:ゴミ問題をもとに、社会について考えてみよう!・・・松山市
C:松山市の街づくりを多角的に読む・・・松山市
D:認知症事故裁判から予防策を考えよう!・・・長尾様(愛媛県立医療技術大学)
E:主権者として税の使い方を考えよう!・・・井上様(愛媛大学教育学部)

エネルギー問題について。それぞれの発電のメリット・デメリットを示し、生徒が理想のエネルギーミックスについて考えます。

税の使い方について。東日本大震災の復興予算配分について、自分たちなりの意見を出し合っていました。

認知症裁判について。各グループ、様々な予防策が出ていました。

各授業とも、とても興味深い内容でした!大学生スタッフの皆さん、お疲れさまでした!

大学生による「クラス別講座」を展開中!

こどもNPOシビックスクールでは、大学生が「主権者教育×SDGs」をテーマに授業を作成し、学校のニーズに応じてクラス別講座を展開していきます!

大学生の授業を希望される方、また授業作成や現場での実践などに興味のある大学生の方は、ぜひお問い合わせください!