取組紹介

Project

取組紹介


こども達が創る学び場=ベース(秘密基地)を通して、
よのなかを知る、お互いの考えを認め合う、学びが楽しくなる

小学生から社会人まで幅広い層を対象に、よのなかのしくみを楽しみながら学びあうことで、
よのなかへ参画する意識を育むと同時に、こども達の「学びのモチベーション」や「学びの持続力」を育むことを目的としています。

学ぶ力を育む

こどもNPOシビックスクールは、「よのなかとつながることで、自分と社会の将来を豊かにするきっかけを提供したい」という想いが原点にあります。

各ベースでは、様々な社会の課題について自ら考え、選択し、議論することを通して、自分なりの考えを表現したり、行動する力を育むことを大切にしています。

また、そのような主体的な学習活動を通して、こども達の「学びのモチベーション」や「学びの持続力」を育みます。

学びあう力を育む

こどもNPOシビックスクールに、「先生」や「生徒」はいません。テーマについて様々な価値観をぶつけ合い、意思決定をする過程を通して、全員が同じ目線で学び合うことを大切にしています。

すべてのベースで、お互いの価値観を認め合い、深め合うことが、議論する力やコミュニケーション力の向上につながることから、そのような場づくりに力を入れています。

誰もが参加できる

こどもNPOシビックスクールは、今後さまざまな場所で提供をしていく予定です。提供されるスクールは「秘密基地」の意味を込めた○○ベースと呼ばれ、それぞれ、こども達が行きやすく、居心地よく感じられる場所を選択できるようにしていきます。

勉強に対するモチベーションや持続力
論理的思考力や試行錯誤する力
議論する力やコミュニケーション力

各ベースにある「生徒会」の役割


各ベースには、こども達が事業運営を主体的に行う生徒会組織があります。

生徒会の目的は、こどもNPOシビックスクールという組織、またそこから見えるよのなかの課題をなどを改善・解決することです。
そのため、生徒会は単なる事業の下請け機関ではなく、活動に参加をする大人と同列の立場に置かれています。


これまでに開校したシビックスクール